青森の葉とらずりんごのギフト用と家庭用の違い

青森の葉とらずりんごの人気が高まっています。

出荷ぎりぎりまで周辺の葉を取らずに残すことで、光合成による栄養分を出来る限り多くりんごに蓄積されるようにしています。

そのため大変甘く、うまみがあるりんごに仕上がるのです。

その代わり、葉っぱによる色むらは出来てしまいます。

ギフト用は色むらが少なくしっかりと色付いた、見栄えの良いものが揃えられています。

大きさもあり、揃っている印象を与えます。

それに対して家庭用は色むらや色付きがそろわず、大きさもまちまちで傷が入っていることもあります、しかし味的にはギフト用と変わらず、甘みと酸味のバランスの良い、しっかりとしたおいしさが楽しめます。

そのような違いを理解したうえで、選択しましょう。